スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT4EAに自作DLLを組み込む?その1

EAからは、外部ライブラリ(DLL)を呼び出すことができる。自作のDLLを組み込んで呼び出すことができれば、Windows上でできる大抵のことがやれそうだ。
技術者であればこの点に興味を引かれ、MT4はよくそれができるようにしてくれてあったなと思うのではないだろうか?

一方、昔使ったことがありインストールしたままになっているTurbo C++ 2006 Explorerがある。無償で手に入って(今手に入るかどうかは知らない)、商用利用も可能だ。これで、DLLを作成できたらなおよいと思った。普通なら相性や不具合が発生しそうなことを嫌忌してMicrosoftのVCを使うところだろうが。。。
結論として、TurboC++で作成したDLLを呼び出してエクスポートした関数を実行させることができた。ここでは、DLL作成のプロジェクト設定についてメモしておく。

Turbo C++で新規作成->DLLに進む。
☆"新規ダイナミックリンクライブラリ"ダイアログ
・ソースの種類は、C++が使いたければC++でよい。エクスポートする関数をCリンケージにすればよい
・マルチスレッドのチェックは、した方がよいだろう(しなくても動いたが、チャート毎のEA動作が、マルチスレッドで実現されているのだから)。。。
・VCLチェックで動作するかは、未確認(VCLを使いたくなったら確認する)。
・VC++スタイルのDLLのチェックは、不要だった(DLL初期化等に呼ばれる例の関数名をDllEntryPointかDllMainかのどちらにするかしか効果がなさそう)。

☆プロジェクト・オプションの設定
C++コンパイラ->呼び出し規約に関して、stdcall呼び出し規約を使用に変更
 ※関数の呼び出し規約に関してMT4EAに自作DLLを組み込む?その2を参照。
・C++コンパイラのその他の項目は変える必要なし。
試したみたことだが、出力の項目に関して、アンダースコアを付けてシンボル名を生成のチェックを外すとCランタイム・ライブラリ等がリンクできなくなった。
エキスポートされたシンボル名の先頭にアンダースコアを付けませんのチェックは不要だった。
ソースの項目に関して、Microsoft Visual C++ 互換のチェックも不要だった。

・リンカ->リンクの項目に関して、動的RTLを使うのチェックを外すことで、ビルドされるDLLのサイズが大きくなってしまうが,実行時にボーランド固有のDLLに依存しなくて済むことを"Dependency Walker"で確認した。
スポンサーサイト

theme : Meta Trader 4
genre : 株式・投資・マネー

tag : MT4EAに自作DLL EAからDLL DLL C++ エクスポート関数

comment

Secret

☆当ブログとFX取引に関するご注意☆

もし、当ブログを閲覧、参考にしていただいた上で、FXまたはその他取引に関心を持たれた方は、以下の点にご注意して下さい。

・FX取引(外国為替証拠金取引)は元本や利益が保証された商品ではなく、市場環境の変化や相場の変動により損失が発生する場合があること。

・FXおよびその他取引をする場合は、各種のリスクを理解し、十分に検討し、かつ慎重に行う必要があること。

・当ブログで掲載、紹介している情報は、FXおよびその他取引、投資に関する勧誘、助言等ではないこと。

・当ブログで掲載、紹介している取引手法、ソース・プログラム等を用いた結果、いかなる損害が生じても当方は一切の責任を負わないこと。

投資、取引をされる場合は、必ずご自身の責任で行って下さい。
よろしくお願いいたします。
プロフィール

Dr.ヘパ


Author:Dr.ヘパ

カテゴリ&検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
つぶやき
★DailyImpact(有償版)★
リアル口座で運用できる有償版
販売開始しました!

ご購入、お申し込み等の詳細については、下記リンク先のブログ右上にショッピング・カート「ブーボーのトレーディングキット工房」へのリンクがありますので、お手数ですがそちらをご参照下さい。

ブーボーの
トレーディングキット

Ⅰ.経済指標トレード向けEA、DailyImpactは、経済指標発表による突発的な値動きを捉えることで、利益を得ることを目指したセミオートEAです。

Ⅱ.経済指標トレードは、「指標トレード」「News Trading(ニューストレード)」とも呼ばれ、最近注目されている手法です。

Ⅲ.経済指標発表によるトレードは、いつ大きく動く可能性があるかわかっているので有利です。

Ⅳ.一方、瞬時に大きな値動きが発生するので、手動での仕掛け、手仕舞いは難しいことが多いです。

Ⅴ.高速に計算・発注可能なEAであるDailyImpactにより、手動よりも素早く、同時に多くの通貨ペアで、しかもその場にいなくても経済指標トレードができます。
★DailyImpact(DL版)★
ダウンロード版
期間限定で試用できます!!

ダウンロード、使用方法の詳細は
以下のブログを参照して下さい。



DailyImpact(ダウンロード版):ブーボーのトレーディングキット

   ☆ブーボーの
トレーディングキット

↓↓↓アンケートにご協力お願いします。↓↓↓
ブログ・ランキング
リンク&ブロとも申請
アクセス・カウンタ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。