スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミオートEA、DIV21(DailyImpactV21)改良中!

リアル運用してきたセミオートEA「DailyImpactV21」に関して、改善すべき点がある程度たまったので、現在まとめて改良している。

★機能面での改良項目
1.逆指し値注文がすでに発注済みの状態で、ユーザが必要に応じてパラメータを再設定した場合、新しいパラメータでOP(オープン価格)、SL(損切り)、TP(利食い)、Expiration(未約定での有効期限)を再計算して、注文が更新されるようにする。

2.指標発表等により逆指し値注文がすでに約定済みの状態で、ユーザが必要に応じてSL、TP、TS(トレーリング・ストップ)幅を変更した場合、約定したポジションに対して新しいパラメータでのSL、TP、TS値を再計算して、ポジションが更新されるようにする。

3.[started/gap]が発生して約定した場合、関知して、SL、TP値をOP値から再計算、再設定を自動的に行えるようにする。[started/gap]が発生した場合に、SL値がそのままであると反対方向に動いた場合想定外の損失を被り、TP値がそのままであると想定外に小さい利益しか得られないことになるためである。

4.3に付随して、ギャップ発生に対し損失限定のためにSL値の再設定を望むが、TP値は初期の想定通りで早めに撤退したい場合等が考えられるので、ギャップ関知による自動再設定機能は、SL、TPのそれぞれに対してON/OFFできるようにする。

5.仕掛け位置を決める際のスプレッドに関して、逆指し値注文の発注時だけ考慮する簡便な方法をとっていたが、ブレイクアウト期間の最中かその前から、本EAが稼働中であればスプレッドをモニタできるので、その結果を採用し、ブレイク・アウト期間全体のモニタ結果が得られない場合は、過去のバーとの両方を採用して、ブレイクアウト・ラインを決定するようにする。

★進捗
注文処理、注文管理を強化したライブラリがおおよそ完成し、他EAでのフォワードテストで十分に動作している。DailyImpactV22以降では、そのライブラリ記述を採用することにし、置き換えが完了したところである。グラフィック・オブジェクトの表示関数が、以前の注文管理情報を参照するなどして、依存する部分があったので、グラフィック・オブジェクト表示系関数の置き換えが必要となっている。

★DIV21のリアル運用を休止
上記改良に集中するため、さらに新たしい完全自動売買EAの開発も推し進めるために、しばらくリアル運用と取引結果の記録をしばらく休止する。特定のトレード手法に対する固執を回避する、冷却期間の意味もある。
スポンサーサイト

theme : FX
genre : 株式・投資・マネー

セミオートEA、DailyImpactV20の問題点

デモ口座にてフォワードテストをしているセミオートEAのDailyImpactV20に関して、いくつか問題があることがわかってきてるので、修正要求項目としてまとめておく。

1.コア・ロジックの問題
1-1. EAを稼働しているPCの時刻で、日付をまたぐ1分前にそれまでにオープンしたポジションを全て決済してしまう。たとえば、指標発表時刻が日本時間で23:00の場合、その後の値動きで約定したポジションが1時間足らずで決済されてしまう。

1-2. トレーリング・ストップ値に0を指定してトレーリング・ストップを無効にし、同値決済時間の方を0以上の値を指定した場合、約定済みポジションに対して、同値決済開始時間から最低ストップ・ロス・レベルでのトレーリング・ストップとして動作してしまう。たとえば、トレーリング・ストップ無効、利食い指定と同値決済有効の作戦でやろうとしても正しく動作しない。

2.画面表示の問題
2-1. その日の指標発表時刻の取引を終えてしばらくすると、"Allow live trading"のチェックをOFFにしていないにも関わらず、右下の時刻表示に"Stop Trade!"が表示され、次の日の指標発表時刻になっても、時刻が表示されないことがある(取引はおこなわれる)。

2-2. ブレイク・アウトの高値水平ラインが逆指し値注文開始位置に近いバーの高値よりも1pip下に表示されてることがあった(バックテストのVisual modeにて)。

2-3. 指標発表時刻間近で1分足などで複数のバーが生成されず欠けた場合、垂直ラインの位置更新の頻度が少ないために、垂直ラインの位置が大きくズレて見える場合があった(バックテストのVisual modeにて)。

2-4. ポジション決済時刻を過ぎると、水平・垂直ラインがすぐに消えてしまう。これは、そのようにプログラムしたことだが、あとで取引結果の反省をするためにしばらく残しておきたいと思う。

2-5. 取引処理をする関数のエラー・メッセージをComment()関数にて上部に表示しているが、一度メッセージが表示されるとメッセージが上書きされない限り、パラメータを変更するなどしてEAを初期化しても表示されっぱなしになる。

今手を付けているEAの作業と平行して、上記問題について修正・改良をしてゆきたい。

theme : MT4自動売買
genre : 株式・投資・マネー

☆当ブログとFX取引に関するご注意☆

もし、当ブログを閲覧、参考にしていただいた上で、FXまたはその他取引に関心を持たれた方は、以下の点にご注意して下さい。

・FX取引(外国為替証拠金取引)は元本や利益が保証された商品ではなく、市場環境の変化や相場の変動により損失が発生する場合があること。

・FXおよびその他取引をする場合は、各種のリスクを理解し、十分に検討し、かつ慎重に行う必要があること。

・当ブログで掲載、紹介している情報は、FXおよびその他取引、投資に関する勧誘、助言等ではないこと。

・当ブログで掲載、紹介している取引手法、ソース・プログラム等を用いた結果、いかなる損害が生じても当方は一切の責任を負わないこと。

投資、取引をされる場合は、必ずご自身の責任で行って下さい。
よろしくお願いいたします。
プロフィール

Dr.ヘパ


Author:Dr.ヘパ

カテゴリ&検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
つぶやき
★DailyImpact(有償版)★
リアル口座で運用できる有償版
販売開始しました!

ご購入、お申し込み等の詳細については、下記リンク先のブログ右上にショッピング・カート「ブーボーのトレーディングキット工房」へのリンクがありますので、お手数ですがそちらをご参照下さい。

ブーボーの
トレーディングキット

Ⅰ.経済指標トレード向けEA、DailyImpactは、経済指標発表による突発的な値動きを捉えることで、利益を得ることを目指したセミオートEAです。

Ⅱ.経済指標トレードは、「指標トレード」「News Trading(ニューストレード)」とも呼ばれ、最近注目されている手法です。

Ⅲ.経済指標発表によるトレードは、いつ大きく動く可能性があるかわかっているので有利です。

Ⅳ.一方、瞬時に大きな値動きが発生するので、手動での仕掛け、手仕舞いは難しいことが多いです。

Ⅴ.高速に計算・発注可能なEAであるDailyImpactにより、手動よりも素早く、同時に多くの通貨ペアで、しかもその場にいなくても経済指標トレードができます。
★DailyImpact(DL版)★
ダウンロード版
期間限定で試用できます!!

ダウンロード、使用方法の詳細は
以下のブログを参照して下さい。



DailyImpact(ダウンロード版):ブーボーのトレーディングキット

   ☆ブーボーの
トレーディングキット

↓↓↓アンケートにご協力お願いします。↓↓↓
ブログ・ランキング
リンク&ブロとも申請
アクセス・カウンタ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。